各会社が提供しているスマートフォンの特徴

OSの違い

スマートフォンの違いとして最初に大きくかかわってくるのがOSの違いです。OSというのはオペレーションシステムの略語であり、これはスマートフォンの根底を支える機能の違いともいえます。今のスマートフォンで使われているOSはほとんどがAndroidとiOSという二つのものとなっています。ほかにもいくつかあるのですが、ほとんどのシェアはこの二つが占めています。

この二つのOSの違いはスマートフォンを分類することでとても大きな違いとなってくるのです。初心者にとってはこの違いは使っていてあまり違いを感じないという人も多くいます。利用できるアプリが違うということで、できるゲームが違ったりインストールできないアプリがあったりといったことくらいしか感じないという人もいます。

しかし、もちろん使っている中で大きな違いがあります。例えばiOSは買い替えをしてもすべて復元することが可能であったり音声操作ができたりといった点が特徴といえます。それに対してAndroidはワンセグやフルセグが楽しめたりデータ保存にSDカードが使えたりといった点が特徴です。使っていると感じる小さな違いは他にもいろいろとあり、普段メールが良く届く人はiOSのメールの概要が表示されるが便利と感じる人もいれば、Androidのように音だけで通知をしてくれる方がプライバシーが保護できると感じる人もおり便利と感じる点は個人差があります。